ご利用規約/
使用許諾契約

サイボウズ Live Developer Center サービスご利用規約

第1条 (本サービスの内容)
「本サービス」とは、サイボウズがサイボウズ Live Developer Centerにおいて無償で提供するものであり、サイボウズ Live と連携するアプリケーション(以下、「アプリケーション」といいます)等を開発するために必要な情報その他の環境の提供を含むサービス全般をいいます。
第2条(本サービスの利用登録)
  1. 本サービスのご利用を希望される場合は、メールアドレス、アプリケーションに関する情報、その他お申込みの内容を特定するためにサイボウズが指定する事項(以下、併せて「利用者情報等」といいます)について、本サイトにおける申込みフォームその他サイボウズが指定する方法でサイボウズに対してご提出いただきます。利用者情報等は常に最新、正確かつ真実な内容であるものとしてください。利用者情報等の提出による本サービスのお申込がなされた場合には、当該利用者情報等に基づき各利用者にアカウント情報(ID、パスワード等)が発行され、本サービスを利用することができます。
  2. サイボウズは、以下の各号のいずれかに該当する場合は、本サービスのお申込みを承諾しない、または当該契約を解除し、将来にわたって本サービスその他サイボウズが提供するサービスのご利用をお断りする場合があります。
    • (1) 不実、不正確な内容にて申込みが行なわれた場合
    • (2) 該当お申込者が、過去にサイボウズが提供する各サービス等において契約上の義務を怠ったことがある場合、または今後も怠るおそれがあるとサイボウズが判断した場合
    • (3) その他、サイボウズが、業務の遂行上著しい支障があると判断した場合
  3. 利用者情報等について変更が生じた場合については以下のとおりとします。
    • (1) 利用者は、利用者のメールアドレス・その他の利用者情報について変更が生じる場合、サイボウズが指定する方法により速やかに変更ください。
    • (2) 利用者から利用者情報等の変更がなされた場合は、それ以後、サイボウズからお客様に対する連絡、通知等は、変更先に対して送付または送信されるものとします。届出なく利用者情報等が変更された場合、サイボウズが変更前の連絡先に対して通知、連絡したこと、また利用者と連絡がとれなかったことに起因して、サイボウズは利用者および第三者に対して生じたいかなる損害についても一切責任を負いません。
  4. 第1項に基づいて発行されたアカウント情報は、利用者の責任をもって管理してください。アカウント情報の紛失、漏洩、不正使用などから生じた損害については、サイボウズは一切責任を負いません。なお、アカウント情報を失念された場合は、以降当該サービスを継続して利用することができなくなる場合がありますのでご注意ください。
第3条(利用者情報等の取り扱い)
  1. サイボウズは、利用者情報等を次の目的のために利用します。
    • (1) 本サービスの提供・管理・運営のため
    • (2) 利用者がご利用するにあたり必要な連絡をするため
  2. 本規約の条項に従っていただくために必要な場合、法令に従った要請や法令の手続上必要とされる場合、サイボウズ、提携先、他の利用者、または第三者の権利を保護するために必要な場合等、サイボウズが必要と判断した場合、サイボウズは利用者情報等を保存、第三者に対して開示することがあります。
  3. その他の事項につきましては、以下のプライバシーポリシーをご参照ください。
    ▼個人情報保護方針(Privacy Policy)
    http://cybozu.co.jp/company/copyright/privacy_policy.html
第4条(利用の停止、利用登録の取消)
利用者が以下の項目の1つにでも該当した場合、サイボウズは、利用者に対してなんらの催告なくして、ご利用の一時的な停止またはご利用する資格を取り消すことがあります。資格を取り消した場合、以降、利用者は本サービスをご利用になることはできません。本項に定める届出を利用者が怠った場合、サイボウズは利用者が退会したものとみなすことができます。
  • (1) 利用者が本規約の条項および条件の1つにでも違反した場合
  • (2) 申込み事項に不実虚偽の記載または記入漏れがあった場合
  • (3) 利用者が、サイボウズ、リンク先サイト、および第三者に対して損害を与える、あるいは名誉を傷つけるおそれがある場合
  • (4) 利用者がサイボウズ Liveその他のサイボウズ管理ネットワーク網等に著しい負荷や障害が与えられる行為を行うことによって正常なサービスを提供することが困難である場合、または困難であるとサイボウズが判断したとき
  • (5) サイボウズの業務遂行に支障を及ぼした場合、またはそのおそれのある行為を行なった場合
  • (6) 一定期間サイボウズから利用者へ連絡がつかない場合
  • (7) その他サイボウズが特別に定める場合
第5条(本サービスの変更・停止・廃止)
サイボウズは、利用者に対する事前の予告なくして、本サービスの内容の変更、本サービスの停止または廃止をすることができるものとし、利用者は予めそれに同意するものとします。
第6条 (免責事項および責任・保証の制限)
  1. 利用者は、利用者ご自身の責任のもとで本サービスを利用するものとし、本サービスの利用に関わる全ての危険は利用者のみが負うことをここに確認し、同意するものとします。
  2. サイボウズは、本サービスに含まれる情報、環境等が、利用者の要求を満足させるものであること、本サービスに含まれる情報、環境等が正常に作動すること、瑕疵(いわゆるバグ、構造上の問題等を含む)が存していた場合に、これが修正されること、のいずれも保証いたしません。サイボウズの口頭又は書面によるいかなる情報又は助言も、新たな保証を行ない、又はその他いかなる意味においても本保証の範囲を拡大するものではありません。
  3. いかなる場合であっても、不法行為、契約その他いかなる法的根拠による場合でも、サイボウズおよび本サービスに含まれる情報、環境等の全部または一部の供給者ならびに提供会社は、利用者その他の第三者に対し、営業価値の喪失、業務の停止、コンピュータの故障による損害、その他あらゆる商業的損害・損失等を含め、本サービスの利用に基づき発生した一切の直接的、間接的、特殊的、付随的または結果的損失、損害について責任を負いません。さらに、サイボウズは、第三者のいかなるクレームに対しても責任を負いません。
  4. 本サービスの内容の変更・停止または廃止により本サービスが利用できなくなること、その他、利用者に不利益または損害が発生したとしても、サイボウズは一切その責を負わないものとします。
第7条 (知的財産権等)
本サービスに関する、著作権、商標権、意匠権、特許権、実用新案権、ノウハウ、その他の権利(以下、「知的財産権等」といいます)は、サイボウズおよび提携先に帰属します。これらの知的財産権等は、著作権法、商標法およびその他の知的財産権に関する法律ならびに条約によって保護されています。したがって、利用者はこれらを他の著作物等と同様に扱わなければなりません。
第8条 (準拠法および裁判管轄)
本規約は、法の抵触に関する原則の適用を除いて、日本国の法律を準拠法とします。また、本規約に関して紛争が生じた場合は、訴額に応じて東京簡易裁判所および東京地方裁判所を専属第一審管轄裁判所とします。

2010年9月16日

サイボウズ Live API 使用許諾契約書

第1条 (サイボウズ Live API 使用許諾)
  1. サイボウズは、サイボウズ Liveと連携するアプリケーション(以下、「アプリケーション」といいます)の設計、開発、試験、使用(サイボウズ Live ユーザーに使用させることを含む)、その他別途許諾した行為を行うことを目的として、利用者に対し、サイボウズ Live API(以下、「本API」といいます)および本APIに関して本サービスにおいて提供されるドキュメント(以下、「本ドキュメント」といいます)を使用することを許諾します。但し、利用者は、本ドキュメントに記載された態様、方法に従って本APIを使用するものとします。
  2. 利用者は、前項に定める本APIの使用に際し、アプリケーション毎に予めサイボウズが指定した情報(以下、「アプリケーション情報」といいます)を登録し、サイボウズからアプリケーションID、その他アプリケーションを実装するために必要な情報(以下、「アプリケーションID等」といいます)を取得するものとします。アプリケーションID等は、アプリケーション情報を登録した利用者(利用者情報等として登録した会社名または団体名が同一の利用者を含む)が当該アプリケーションにのみ利用できるものとし、第三者への頒布、送信(自動公衆送信、送信可能化を含む)、譲渡、転売、貸与等をすることはできません。
  3. 利用者は、アプリケーションに関し、事前にサイボウズが許諾をしたものに限り、サイボウズの指示の下、サイボウズの商標またはサービスマークを使用することができます。
  4. サイボウズは、以下の事由により、一時的に本APIの使用を停止することがあります。
    • (1) サイボウズによるシステムの保守、点検、修理などを行う場合
    • (2) 火災・停電によりサービスの提供ができなくなった場合
    • (3) 天変地異などによりサービスの提供ができなくなった場合
    • (4) その他、運用上または技術上、サービス提供の一時的な中断を必要とした場合
第2条 (知的財産権等)
本APIに関する著作権、商標権、意匠権、特許権、実用新案権、ノウハウ、その他の権利(以下、「知的財産権等」といいます)は、サイボウズおよび提携先に帰属します。これらの知的財産権等は、著作権法、商標法およびその他の知的財産権に関する法律ならびに条約によって保護されています。したがって、利用者はこれらを他の著作物等と同様に扱わなければなりません。
第3条(禁止事項)
利用者は、本APIの使用(エンドユーザーによるアプリケーションの使用に伴う場合を含む)にあたり、以下に該当する行為をすることはできません。利用者が以下の項目の1つにでも該当した場合、サイボウズは、利用者に対してなんらの催告なくして、本APIの使用を停止することがあります。
  • (1) 本ドキュメントに記載されてない方法、態様での本APIの使用
  • (2) 本ドキュメントの複製、改変、翻訳、第三者への頒布、送信(自動公衆送信、送信可能化を含む) 但し、著作権法上の「引用」に該当する場合を除く。
  • (3) 認証キーの複製、改変、翻訳、第三者への頒布、送信(自動公衆送信、送信可能化を含む)
  • (4) サイボウズ Liveの機能・性能に悪影響や妨害する行為
  • (5) 公序良俗に反する行為(反社会的活動およびその宣伝活動)
  • (6) 犯罪的行為(コンピュータウィルス・ジャンクメール・スパムメール・チェー ンレターその他有害なファイルのアップロードや配布、殺人幇助、未成年者略取、ねずみ講にあたる行為を含む)および、当該犯罪的行為を助長しまたはその実行 を暗示する行為
  • (7) サイボウズ、提携先、他の利用者、または第三者の知的所有権等を侵害する行為
  • (8) サイボウズ、提携先、他の利用者、または第三者の財産・信用・名誉等を毀損する行為および、プライバシーに関する権利、肖像権その他の権利を侵害する行為
  • (9) 故意、過失を問わず、法令、条約に反する行為
  • (10) サイボウズ、提携先、他の利用者、または第三者に経済的・精神的不利益を与える行為
  • (11) サイボウズ、提携先、他の利用者、または第三者に対する誹謗中傷、いやがらせの行為
  • (12) 選挙の事前運動、選挙運動またはこれらに類似する行為、および公職選挙法に 抵触する行為
  • (13) 未成年者に対し悪影響があると判断される行為
  • (14) 性風俗、宗教、政治に関する社会的行為であると判断される行為
  • (15) サイボウズ Liveその他サイボウズが提供する全てのサービスの運営を妨げる行為、またはそのおそれのある行為をしているとサイボウズが判断した行為
  • (16) サイボウズ Liveおよびサイボウズが提供する全てのサービスの信用・名誉等を毀損する行為、またはそのおそれのある行為
  • (17) 本規約の条項に違反する行為
  • (18) 個人に関する情報(IDやパスワード等)の収集、蓄積行為
  • (19) 「サイボウズ Live Developer Center サービスご利用規約」第4条各号に該当する場合、その他の事由により「サイボウズ Live Developer Center サービス」の利用資格を取り消された場合
  • (20) その他、サイボウズが不適当と判断する行為
第4条(免責)
  1. 利用者は、本APIの使用(エンドユーザーによるアプリケーションの使用に伴う場合を含む)は、利用者ご自身の責任の下で行うものとし、当該使用に関わる全ての危険は利用者のみが負うことをここに確認し、同意するものとします。
  2. サイボウズは、本APIに含まれた機能が利用者の要求を満足させるものであること、本APIが正常に作動すること、本APIに瑕疵(いわゆるバグ、構造上の問題等を含む)が存していた場合に、これが修正されること、のいずれも保証いたしません。サイボウズの口頭又は書面によるいかなる情報又は助言も、新たな保証を行ない、又はその他いかなる意味においても本保証の範囲を拡大するものではありません。本APIに瑕疵が発見された場合、利用者が、すべてのサービス、修理又は修正に要する一切の費用を負担するものとします。
  3. サイボウズは、サイボウズ Liveの仕様(本APIの仕様を含む)について、利用者の事前の許可なく変更する場合があります。本契約締結時における本APIと同等の使用環境を永続的に保証するものではありません。
  4. 利用者は、本APIの使用(エンドユーザーによるアプリケーションの使用に伴う場合を含む)に基づいて発生した一切の直接・間接の損害(データ滅失、サーバーダウン、業務停滞、第三者からのクレーム等)ないし危険はすべて利用者のみが負うことをここに確認し、サイボウズを保護、補償、免責することに同意するものとします。
  5. いかなる場合であっても、不法行為、契約その他いかなる法的根拠による場合でも、サイボウズおよび本APIの全部または一部の供給者ならびに提供会社は、利用者その他の第三者に対し、営業価値の喪失、業務の停止、コンピュータの故障による損害、その他あらゆる商業的損害・損失等を含め一切の直接的、間接的、特殊的、付随的または結果的損失、損害について責任を負いません。さらに、サイボウズは、第三者のいかなるクレームに対しても責任を負いません。
第5条(利用者の責任)
  1. 利用者は、アプリケーションの提供のために必要なアプリケーションの設計・開発・修正・サポート等に関し、有償または無償に係わらず、開発やサポート等を自らの費用と責任で実施するものとします。なお、サイボウズは、事前にアプリケーションの検査を要求することができるものとし、利用者はサイボウズの要求に従い検査を受けるものとします。
  2. 利用者は、アプリケーション情報の登録、アプリケーションの開発およびサイボウズ Live ユーザーによるアプリケーションの利用に関し、本規約違反または第三者の知的財産権等、肖像権、プライバシーに関する権利、その他の権利の侵害に起因または関連して生じたすべてのクレームや請求については、サイボウズは一切関与しないものとし、利用者の費用と責任で解決するものとします。また、当該クレームや請求への対応に関連してサイボウズに費用が発生した場合または損害賠償金等の支払いを行った場合については、利用者はサイボウズに対し当該費用および損害賠償金等(サイボウズが支払った弁護士費用を含みます)を支払うものとします。
第6条(本APIの変更・終了)
  1. サイボウズは、本APIの内容を、利用者への事前の通知なくして変更することがありますが、利用者はそれに同意するものとし、それによりアプリケーションが利用できなくなること、その他、利用者またはサイボウズ Live ユーザーに不利益または損害が発生したとしても、サイボウズは一切その責を負わないものとします。
  2. サイボウズは本APIの使用を、利用者に対する事前の予告なくして停止または廃止することができます。サイボウズが本APIの使用を停止または廃止した場合(サイボウズ Live Developer Center サービスご利用規約 第4条に定める場合を含む)には、サイボウズは利用者またはサイボウズ Live ユーザーに対して一切の損害賠償等の責を負わないものとします。

2010年9月16日

本規約等は、サイボウズにより予告無く変更されることがあります。利用者は、最新の本規約等をご確認ください。

Copyright © Cybozu, Inc.